30代の妊活

精子の老化と妊活を成功させたい

結婚を経験して、定期的に性行為を持っていても、なかなか赤ちゃんが授からない場合は、女性側に問題があるケースも多いですが、男性が健康である必要があります。

 

20代の若い男性は、精子の運動率が高く、量も多いため、女性を妊娠させる能力が高いですが、30代、40代と年齢を重ねると、運動率が悪くなってしまい、量も少なくなってしまいます。

 

精子が老化していても、女性を妊娠させることは可能ですが、受精卵になるまで時間が掛かったり、障害児ができる可能性も高くなります。

 

30代で妊活を始めたいというカップルは、葉酸や亜鉛、アルギニンなどのサプリメントなどを摂取すると良いでしょう。

 

 

どんな栄養分を補給する?

 

葉酸や亜鉛、アルギニンなどのミネラル成分は、男性の体に欠かせない栄養素ですが、滋養強壮や疲労回復効果があるため、精子の質を向上させたり、運動率を高める働きがあります。

 

普段の生活では、下半身の血流を促進するために、生姜やにんにく、ニラ、玉ねぎなどの体を温める食材を食べるようにしたり、保温性の高い衣類や肌着類を身に付ける必要があります。

 

妊活を始めたいと考えている人は、高脂血症や糖尿病などの持病があると、勃起障害が起こりやすいので、早めに治療を受けて、健康状態を良好に保つ努力をする必要があります。

 

健康な赤ちゃんを望んでいるカップルは、女性だけでなく、男性も体質改善をする必要があります。

 

多くのカップルが待望の赤ちゃんを授かっているので、諦めないことが大事です。
"