40歳からの妊活

40歳からの妊活には、知識が必要です。

 

女性は35歳をすぎると卵巣の機能の衰えが始まり、妊娠する力が落ちていきます。

 

妊娠に必要な、卵子のもとである原始細胞は数が決まっていて、毎月の排卵で減っていきます。

 

また、妊娠に必要なホルモンであるエストロゲンも、35歳頃から分泌量が減っていくため、40歳をすぎると、ますます妊娠する力が落ちてしまうのです。

 

40歳からの妊活は、まず自分の体を知ることから始めましょう。

 

基礎体温を測って、月経の状態や、排卵をしているか、妊娠に最適な時期は何時なのかを確認しましょう。

 

 

また、卵巣の衰えを早めないような規則正しい生活に気をつけます。

 

食事はタンパク質やミネラル、ビタミンなどを十分にとるよう心がけます。

 

睡眠時間も十分とって、成長ホルモンの分泌を促し、良質な卵子の成長を確保します。

 

肥満の解消や血流をよくするために、適度な運動もいいです。

 

冷えは、体に酸素をいきわたらせる妨げとなるため、食べ物や衣服の調節に気を付け、体を温める工夫も大切です。

 

40歳からの妊活は、今すぐ妊娠したい人だけではなく、将来的に子供が欲しい人も、心がけて普段の生活に取り入れていきましょう。

 

ストレスになるほどがんばりすぎず、自分の心や体を労わって、妊娠しやすい体へと整えていくことが大切です。

 

漢方薬やサプリメントを上手に取り入れてもいいですし、不安に思うことがあったら、早めに病院に行くことも大切です。